Top >  子育て前のパパに教えます >  胎児はどんな風に大きくなるの

胎児はどんな風に大きくなるの

赤ちゃんはお腹の中で、生命の進化の形をたどります。

そのため、初めはタツノオトシゴのような形。

それが徐々に、ふっくらした人間の形に発達していくのです。


どの時期にどんな風に育っていくのか。

赤ちゃんの変化を知っておきましょう。


妊娠1ヶ月


受精卵が着床することで妊娠が成立します。

脳や心臓など、体の器官の元になるものが出来はじめます。


妊娠2ヶ月


超音波検査で、確認ができるようになります。

頭と胴の区別がつくようになり、手足も出来はじめます。


脳が発達し、視神経、聴神経など、神経細胞の約8割が

作られます。この時期は内臓も形成されていくので、

赤ちゃんの体が作られる、とても重要な時期になります。


妊娠3ヶ月


体は頭・胴体・足の3頭身になり、

健診の時に、超音波で心臓の音が確認できるようになります。

また、まぶたや口、歯の元になるものが出来てきます。


妊娠4ヶ月


外性器が形成され、男女の区別がついてくるようになります。

内臓がほぼ完成し、筋肉や骨もぐっと成長してきます。


妊娠5ヶ月


胎盤が完成し、流産の危険度が下がります。

髪の毛や爪が生えはじめ、指紋も出来てきます。

手足の動きが力強くなるので、早い人では胎動を感じます。


妊娠6ヶ月


活発に動くようになり、はっきりと胎動を感じるようになります。

まゆ毛やまつげが生え始めます。


妊娠7ヶ月


元気に動き回るため、まだ逆子になっていることも多いです。

聴覚や視覚が発達し、外界の音が聞こえるようになったり、

まばたきが出来るようになります。


妊娠8ヶ月


皮下脂肪がついて、体形がふっくらしはじめます。

肺を使った呼吸の練習をしはじめます。

出産にむけ、頭を下にした頭位の姿勢に定まってきます。


妊娠9ヶ月


内臓がほぼ出来上がります。

皮下脂肪がつき、赤ちゃんらしい体形になってきます。


妊娠10ヶ月


内臓など、外界で生きていくための機能が完成します。

ママから、病気に対する免疫が送られます。

頭が骨盤の中に入って固定され、胎動が少なくなります。



ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のイクメン達が見ている人気ページです】


みんなが使っている通信教材を知っておきたいイクメンはこちらへ

妊婦さんのイライラの原因「いびき」を治したいイクメンはこちらへ

家計を心配しているイクメンはこちらへ




         

子育て前のパパに教えます

赤ちゃんが生まれるまでの過程、
子供のいる生活はどんなものか、
よくある心配事にもふれてみました。

子育て前のパパにこっそり教えます

関連エントリー

胎児はどんな風に大きくなるの
子供のいる生活って??
あまり心配しすぎないで
昔と今では子育て環境が違う




イクメンの為の育児メールセミナー 我が子の誕生と成長の感激をパパも一緒に・・・【イクメンの為の育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

赤ちゃん誕生までの流れ

子育て前のパパに教えます

ママの本音を聞いてあげて

出産前のパパ育児実践編

出産後のパパ育児実践編

パパも把握!お祝い&行事






Yahoo!ブックマークに登録