Top >  出産前のパパ育児実践編 >  いよいよ陣痛!どうしたらいい

いよいよ陣痛!どうしたらいい

37週を超えると、赤ちゃんはいつ生まれても

大丈夫なまでに育っています。

いよいよ誕生目前ですね。


満月の夜などに産気づきやすいなどとも言われていますが、

お産はいつ始まってもおかしくありません。


いつ来るか分からないので、この時期は妊婦さんも

ちょっと緊張しています。


でも慌てないで。


破水や出血など緊急時を除いて、

陣痛が始まったからといって

すぐに赤ちゃんが産まれるわけではありません。


@まずは病院に連絡。診察か入院かの指示があるはずです。

A入院の用意をして病院へ。


入院となったら、陣痛室へ入ります。


ここから、出産までかかる時間は人によって様々です。

数時間で生まれる場合から、数日かかることも。

中には陣痛が遠のいて、一旦退院という場合もあります。


陣痛は、波の満ち引きのようにやってきます。

ぐーっと痛くなったかと思えば、すっと引いていきます。


痛みに耐えるサポートをするのがパパの大事な役目です。


痛くなった時の逃し方は妊婦さんによって様々。

パパにしてもらいたいことは、いろいろあります。


腰など痛いところをさすったり、ぐっと押してあげる

喉が渇くので、飲み物を飲ませてあげる

手を握ったりして、ママを励ます


両親などに連絡する

急な見舞い客に対応(出来ればパパ以外の男性は入室禁止)

呼吸のリズムをリードする などです。


陣痛中、ママが痛みのため息を止めてしまう事がありますが、

余計苦しくなるので、うまく呼吸のリズムをリードしてあげて。

お手本は助産師さんが見せてくれます。


そのほか、陣痛の合間にママの話し相手になって、

不安を共有してあげることも大切なことです。


また、食事の時間になれば、陣痛中でも妊婦さんに食事が出ます。


このとき、パパもご飯をしっかり食べてください。

緊張で喉をとおらないかもしれませんが、次にいつ食べられるか

分かりません。おにぎり1個でも良いので食べておきましょう。


陣痛は、経験したものでなければ分からない痛みです。

私は、痛いことと同時に、自分ではどうすることも出来ない

何かが、体の中からつきあげてくるような衝動を感じました。


痛みと不安でパニックになることもあり、「もう死ぬ」とか

「ばかー!」などと暴言を吐くことも。


本人は後で覚えていなかったりするので、

あまり気にしないようにして下さいね。


痛みの感覚が短くなり、子宮口が十分に開けば、

いよいよ出産です。

赤ちゃんに会えるのももうすぐ。


パパとママ2人で、しっかり迎えてあげましょうね。


ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のイクメン達が見ている人気ページです】


みんなが使っている通信教材を知っておきたいイクメンはこちらへ

妊婦さんのイライラの原因「いびき」を治したいイクメンはこちらへ

家計を心配しているイクメンはこちらへ




         

出産前のパパ育児実践編

いよいよ準備も佳境。
赤ちゃんグッズ、名づけなど、より具体的な内容についてアドバイスします

また、立会い出産についてや、
ママが入院中から里帰り後の生活のことなど
パパに考えておいてもらいたいこともこっそり教えます

関連エントリー

赤ちゃんグッズの揃え方
その名前、ちょっと待った!
メシは誰がつくるのか?
ゴミ袋・せっけん・替えタオル
立ち会うか否かそれが問題だ
いよいよ陣痛!どうしたらいい
里帰りから帰ってくる前に




イクメンの為の育児メールセミナー 我が子の誕生と成長の感激をパパも一緒に・・・【イクメンの為の育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

赤ちゃん誕生までの流れ

子育て前のパパに教えます

ママの本音を聞いてあげて

出産前のパパ育児実践編

出産後のパパ育児実践編

パパも把握!お祝い&行事






Yahoo!ブックマークに登録