Top >  出産前のパパ育児実践編 >  立ち会うか否かそれが問題だ

立ち会うか否かそれが問題だ

立会い出産、考えてますか?


「血を見るのが苦手だからなー」

「そこにいても、どうしていいのか分からないよ」

「仕事だったらムリでしょ」


など、消極的な意見のパパもいることでしょう。


「やっぱり自分の子供が産まれる瞬間は、ぜったい見たい」

「妻が立ち会ってほしいと言えば、考えようかな」

「その時にならないと、決められないよー!」


迷いながら、立ち会ってみたい気持ちのあるパパもいますよね。


立ち会ってほしい、ほしくないなど

ママの意見にもよりますが、

わたしは、出来れば立ち会うことをお勧めします。


理由は、やはり我が子がどうやって産まれてくるのかを

見届けられるのは、そうあることではないからです。


やたら美化するようですが、命が生まれる瞬間というのは

とても神々しいものだと思います。

それが我が子なら、なおさらですよね。


その瞬間に立ち会うかどうかで、

その後の育児やパパの人生哲学みたいなものが

ちょっと違うふうになっていくと思うのです。


また陣痛に苦しむママは、パパにそばにいてほしいもの


何も出来なかったとしても、

パパに手を握って励ましてもらうだけでも、

「一緒に産むんだ」とママにとって大きな力になります。


女性が、どんな痛い思いをして子供を出産するか

男性に見ておいてほしいという思いもあります。


医学が発達したとは言え、お産はまだまだ自然に任せる

部分もあります。

命を産み落とすというのは、今も昔も命がけの大仕事です。


そして、立ち会ったパパには大きな仕事がひとつあります。

それも最後の最後。

そう、「へその緒を切る」役目です。


へその緒は、ママと赤ちゃんをつないでいた、大切な命綱。

でも、いったんおぎゃーと産まれてきたら、

自分で呼吸して生きていかなくてはなりません。


いわば、この世へ歩みだす第一歩。

へその緒を切ることで、

パパはそのきっかけをつくってあげるのです


パパが立ち会っていなければ

「はい産まれましたー、チョキン」と先生か誰かが

その役目を引き受けることになります。


それってちょっと惜しくないですか


ちょっと勇気をだしてみましょうよ。

きっと、素晴らしい体験になりますよ。


ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のイクメン達が見ている人気ページです】


みんなが使っている通信教材を知っておきたいイクメンはこちらへ

妊婦さんのイライラの原因「いびき」を治したいイクメンはこちらへ

家計を心配しているイクメンはこちらへ




         

出産前のパパ育児実践編

いよいよ準備も佳境。
赤ちゃんグッズ、名づけなど、より具体的な内容についてアドバイスします

また、立会い出産についてや、
ママが入院中から里帰り後の生活のことなど
パパに考えておいてもらいたいこともこっそり教えます

関連エントリー

赤ちゃんグッズの揃え方
その名前、ちょっと待った!
メシは誰がつくるのか?
ゴミ袋・せっけん・替えタオル
立ち会うか否かそれが問題だ
いよいよ陣痛!どうしたらいい
里帰りから帰ってくる前に




イクメンの為の育児メールセミナー 我が子の誕生と成長の感激をパパも一緒に・・・【イクメンの為の育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

赤ちゃん誕生までの流れ

子育て前のパパに教えます

ママの本音を聞いてあげて

出産前のパパ育児実践編

出産後のパパ育児実践編

パパも把握!お祝い&行事






Yahoo!ブックマークに登録