Top >  出産前のパパ育児実践編 >  メシは誰がつくるのか?

メシは誰がつくるのか?

ママがつわりや里帰りなどでキッチンに立てないと、

真っ先に困るのが「食事」です。


「男が料理できなくても、何も問題ないんじゃないの?

コンビニか弁当屋で買ってこればいいじゃん。

デリバリーピザだって出前だってあるし。」


時々はそれもいいでしょう。

でも、ずーっとそんな食事を続けるのですか?


「出産は病気じゃないんだから、料理くらい

すぐに作れるようになるんじゃないの?

母親なんだから、それくらい出来て当然でしょ?」


そうですね。つわりがおさまったり、

育児に慣れて体力が回復すれば、もちろん

ママは自分でご飯を作るようになります。


でも、子育ては2人でするものです。

ママが主にあかちゃんのお世話をするのですから

ゆくゆくは、ごはんはパパが作るのもアリですよね?


・・・そうは言っても、パパだって仕事で疲れてますよね

帰ってきてごはんの用意まですると思うと、

考えただけで疲れちゃう?


大丈夫。

あなたならできます。


「ごはんをつくる」ことは、難しいことではないんです。

いきなり、肉じゃがを作れるようになれとは言いません。

まずは、「ごはんを炊ける」ようになりましょう。


今は「無洗米」という、洗わなくても炊けるお米が売っています。

少々割高ですが、それも少しの期間。

使い切るまでに、お米を研ぐ練習もできますよ。


作り方は、とっても簡単。

お米をきちんと計って、目盛りどおりに水を入れるだけ。

あとは炊飯器のスイッチを押せば、機械がおいしく炊いてくれます。


出産前にママに作り方を習っておいて、レパートリーを増やし

入院している間に練習するのが理想です。

1人前なら、失敗しても被害を最小限にくいとめられます。


あたたかいご飯さえあれば、とりあえずは

お漬物とインスタント味噌汁で、1食が食べられます。


つわりがひどい時、冷蔵庫を開けるだけでも気分が悪くなります

そんな時、旦那様がごはんの用意を手伝ってくれたら、

本当に嬉しいんです。


また母乳育児の場合、

外食ばかりでは、おいしい母乳は作られません。


赤ちゃんのために1番いい食事は薄味の和食です。

出前や買って来たお弁当の、こってり揚げ物だらけの食事では

まずい母乳しか作られず、赤ちゃんは飲まなくなってしまいます。


外食も時には気分転換になって良いですが、

子供をつれてとなると、結構大変です。


赤ちゃんは大人と同じ食事はできませんから、

赤ちゃん用のミルクや離乳食を

あらかじめ用意していかなければなりません。


料理を待つ間、退屈になって泣き出したり、

テーブルの上の物を触ろうと手を伸ばしたり・・・

落ち着いて食事をするどころではなくなってしまいます。


結局は、自宅で周りを気にせず食べるのが1番・・・

となります。


ぜひ1度、自分でごはんを炊くことから始めましょう。

「おいしい」「ありがとう」って言ってもらえる

喜びを知ったら、きっとやみつきになりますよ。


ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のイクメン達が見ている人気ページです】


みんなが使っている通信教材を知っておきたいイクメンはこちらへ

妊婦さんのイライラの原因「いびき」を治したいイクメンはこちらへ

家計を心配しているイクメンはこちらへ




         

出産前のパパ育児実践編

いよいよ準備も佳境。
赤ちゃんグッズ、名づけなど、より具体的な内容についてアドバイスします

また、立会い出産についてや、
ママが入院中から里帰り後の生活のことなど
パパに考えておいてもらいたいこともこっそり教えます

関連エントリー

赤ちゃんグッズの揃え方
その名前、ちょっと待った!
メシは誰がつくるのか?
ゴミ袋・せっけん・替えタオル
立ち会うか否かそれが問題だ
いよいよ陣痛!どうしたらいい
里帰りから帰ってくる前に




イクメンの為の育児メールセミナー 我が子の誕生と成長の感激をパパも一緒に・・・【イクメンの為の育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

赤ちゃん誕生までの流れ

子育て前のパパに教えます

ママの本音を聞いてあげて

出産前のパパ育児実践編

出産後のパパ育児実践編

パパも把握!お祝い&行事






Yahoo!ブックマークに登録